KONOHAの庭から   

四季の移ろいを感じさせてくれる花や緑に囲まれて 彩が丘団地の片隅、小さな庭ではじめた      自宅ショップからのおたよりです
MENU

庭のデザイン

庭デザイン

押入れの整理をしていると、とても懐かしいものを見つけました。
NHK学園の通信講座を受講していた時の添削ノート。
まだ子育て真っ最中の頃、育児の合間に受けた「ガーデニング」講座です。
他社のガーデニング講座とは、またひと味違う内容がとても魅力的でした。
添削もしっかりしていただけたし、良きアドバイスをたくさんいただきました。
ノートがいつも真っ赤になって返ってきます。

ガーデニングの基礎知識、ガーデンプラン、植物リスト作成に、
コンテナガーデン、ハンキングバスケットの作成。
そして最後に自宅の庭のガーデンプラン&デザインと、
モデルハウスの庭の計画図の作成でした。

ここに住むことになって、デザインした庭 ↑↑↑
雑木の庭に憧れて、落葉樹中心の庭にしようと!
ガーデニングブームの火付けとなった、イングリッシュガーデンも外せず、
雑木の小径を抜けたリビング前の庭は、イングリッシュガーデン風に。
和の庭も好きで、和室の前は、ちょこっと和風に。
玄関前は、コニファーガーデンにと、かなりよくばりガーデンです。
レンガ買ってきては、水平器で図って敷いたレンガ。
真新しかったレンガも今では良い味を出してくれています。
庭木も、大きく育った木もあれば、枯れてしまった木も。
年月とともに、庭も成長し、毎年違う表情を見せてくれます。
懐かしい写真も出てきました。こちらはインスタグラムで→☆

庭デザイン (2)

モデルハウスの庭の計画図 ↑↑↑  こちらは贅沢プラン。
植栽や資材の価格はいっさい考えずにデザインしておりました。
庭が広いので、リビング前にはデッキを配置。
部屋の中から各窓越し眺める庭の景色を大切に、通路を歩きながら、
要所要所で見る庭のフォーカルポイント、奥行き感が、
庭をデザインする上でのKONOHAのこだわりです。

先生からは、低木、宿根草の詳細を提案されていました。
小さな平面図では書ききれない植栽は立体図でですね。
思い出しました。 実は立体図は少々苦手…
参考にとアメリカのガーデン雑誌のコピーを!おばあちゃんの庭↓
とても勉強になりました。

おばあちゃんの庭

庭をデザインをするワクワク感が甦ります。
決して、完成することのない庭は、ガーデニングの魅力のひとつ。
これからも、宝物がたくさん詰まった KONOHAの庭で、一喜一憂。
植物たちと共に過ごしていきたいと思います。

広島ブログ   【KONOHAの庭🌷HP】

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する